化学変化における物質の違い

化学変化における物質の違い

化学変化における物質の違い 中学生で苦手な方も多い分野です。ですが、質量保存の法則とも絡んで模試でも出題されやすい分野になるため、しっかりと対策をしていきましょう。まず、化学変化は原子の組み合わせが変わることによって、反応の前後で異なる性質の物質になることです。そのため、反応の前後で原子の種類及び数が変わることは決してありません。例えば、鉄と硫黄が化合してできる硫化鉄があります。
【化合前:鉄+硫黄】金属の性質(電気が通る、熱が伝わりやすい、磨くと光る)を持つ、塩酸に入れても反応しません。
【化合後:硫化鉄】黒色・金属の性質は持たない、塩酸に入れると硫化水素を発生させます。
式:Fe+S→FeS。
このように性質が異なる物質になります。この実験は反応した後の硫化鉄に塩酸を加えて硫化水素を発生させる方法もよく出るため、押さえるとよいです。化学反応式は模試でよく出るものを酸化銅や硫化鉄、酸化銀等をしっかり覚え、その前後の性質の違いを押さえて臨みましょう。

模試を受けることにより化学で出て来る元素記号を理解する中学生もいる

模試を受けることにより化学で出て来る元素記号を理解する中学生もいる 高校受験のために頑張っている中学生の多くが模試を受けて今の自分の学力を把握していますが、この試験である程度の成績を取るために一生懸命勉強している人が沢山います。
ただ模試はあくまでも途中経過であり受験する高校を決める時に参考にするためのものですし、この試験によりどの箇所が未だに理解していないところなのか確認する材料になります。
例えば化学で出て来る元素記号は高校受験には必ずと言って良いほど出題されますが、模試においてこれらに関する問題が出て来て間違えたとしてもそれほど気にすることはないです。
問題は高校入試の時に同じような問題が出題されて解くことが出来るかどうかなので、残念ながら出来なかったとしても心配することはなくその時にどうして間違えたのか把握することが出来ればそれで充分です。
このように模試を受けることにより学力不足の面を補うことが出来るので、この試験を受けることはとても意義のあることです。