中学生の理数系の模試に強くなろう

中学生の数学模試での図形に強くなる必要性

中学生の数学模試での図形に強くなる必要性 中学生になると途端に勉強が本格化します。
それは高校受験や大学受験に向けた勉強になるためです。
小学生の頃は基礎的な問題も多く、つまずくことは少ないものですが、特に算数が中学になると数学となりかなり難しい問題にチャレンジしていくことになります。
その中でも図形は発展力が必要です。
基礎の土台がきちんとしていないと展開していく想像力が付かないことになります。
模試は偏差値が出て受験の目安にもなります。
そして問題自体も難易度が高くなり、図形は特に模試での点数は一が大きくなるので、これで偏差値が大きく変わってしまうのも事実です。
少しでも点数を上げるためには難しい問題にチャレンジできる力を付けることが必要なのです。
それには小学生の頃からしっかりと授業の内容を把握しておき基礎力を付けておくこと、何度も繰り返し問題を解くことで解き方を身に着けること、そして応用力や発展力をつける柔軟性も必要になります。
日々の積み重ねは必ず力となり、結果としてついてきます。

中学生対象の模試にて、数学の証明問題を解くためのコツとは。

中学生対象の模試にて、数学の証明問題を解くためのコツとは。 中学生を対象とする模試のうち、数学で最も差が出やすいのは証明問題です。
必ずと言って良いほど出題される問題なのですが、初めから解答を諦めてしまう生徒も少なくありません。
難しいと思いがちの問題ですが、これが解けるようになればライバルに大きな差をつけることも可能です。
模試でこのタイプの問題にチャレンジする場合に行き詰まった時には、結論から逆算していく方法を考えてみてください。
数学の計算問題などの一般的な問題を解く場合、そのほとんどは決められた手順を経て解答していきます。
しかし、証明問題を解く場合はその順序は大切ではありません。
要するに、既にわかっている条件と導き出したい結論を結びつければ良いのです。
そして、それを理論的に正しく説明することができれば満点を取ることができます。
また、説明が十分にできていない場合であったとしても、部分点を獲得することができる可能性は十分にあります。
この手の問題は与えられた条件から分かることと、結論が正しいと仮定して言えることを組み合わせてみると案外解けることが少なくありません。
正攻法で行き詰まった時は逆算してみてください。